吉田 有希

2021.11.26

インタビュー

コミカルなパフフォーマンスが話題となった吉田有希選手。
入場シーンの裏話や同期である119期への想いなどを語っていただきました。

Q1

PIST6に参加してみていかがでしたか?楽しかったですか?

A1

そうですね、普段の競輪と違って、なんか選手からしてもすごく楽しくて盛り上がるような感じで。普通に楽しかったですね、めちゃめちゃ楽しかったです!ただ炎が上がる演出は全然慣れないっすね(笑)毎回びっくりしてます(笑)

Q2

今回は4回全部、入場のパフォーマンスが違いましたが、今後例えば100回やったら100通りのパフォーマンスを見せていただけますか?

A2

いや、わかんないですけど(笑)出来るだけ変えたいですよね。やっぱ同じ事はやりたくないっていうか、他の選手のちょっと真似しながらとかなら全然余裕だと思うんですけど。

僕の同期は入場パフォーマンスで、なだぎ武のディラン・マッケイのネタをやろうとしてたんですけど、やりたいタイミングでやれなかったのと、カメラのズームが来すぎてグダグダになってました(笑)カメラマンとも息を合わせないといけないし…二人で一緒に作品を創り上げたいですね。野球と一緒で、ピッチャーとキャッチャーみたいな感じです。ピッチャーが良いボール投げてもキャッチャーが取れないと意味がないみたいな(笑)

Q3

PIST6への参加が決まってから、トレーニング方法や練習方法など変更された事はありますか?

A3

実はPIST6に行く前の1週間、競輪場が使えなかったり開催が入ったりで何もやってなくて…さすがに何もしないのはまずいなって思って、PIST6行く前日に競輪場行って、カーボンにディスクつけてハロン2本走っただけなんです。

Q4

普段からレース前の練習はそんな感じなんですか?

A4

いや、そんなことはないですね。競輪場が使えるときは兄の拓矢だったり若手の方々、競輪場に来てくださった先輩方と一緒にもがいたりしてます。
僕、自転車に乗ってみて「行ける」とか「行けない」じゃなくて、とりあえず「走る」っていう感じなんで。今回1週間練習が空いちゃっても、やって後悔とかやらなくて後悔とかはないです。とりあえずPIST6に出て楽しかったなしか思わないですね。

Q5

PIST6に参加されることを、競輪選手であるお兄さんお二人やご家族に相談されましたか?

A5

いやぁ、特には。PIST6がどういうレースをするのかわかんなかったんで、実は最初お断りさせていただいていて。でもレースを見て、すごい楽しそうというか、そこに出て盛り上げられたらなって思ったタイミングであっせんを頂いたんで。

Q6

もしPIST6で兄弟対決が実現したらやりやすいですか?

A6

どの選手よりも、自分がどれだけ脚があるかわかってて、手の内を知られてるんでやりにくいですね、たぶん。自分が力出し切っても練習で1回も勝ったことなくて…。全部差されちゃうんで余裕で。

Q7

PIST6で戦ってみたい選手はいますか?

A7

そうですね、特にはいないんですけど(笑)同期みんな結構強いんで、同期だけのPIST6とかやったら面白そうだなとは思います。皆結構自力があって、脚もめちゃめちゃあるんで。若手の115期とか117期は学校で250mのカリキュラムが組み込まれてるんで、もっとスピード感があって、レースの感じとかもたぶん変わってくるかなと思うんです。

Q8

同期である119期に対しては、みんなで一緒にあがっていきたいという気持ちですか?それとも俺がキングだ!みたいな感じですか?

A8

僕は正直一人でしれーっとやりたいです(笑)キングとかそういうのじゃなくて、変に注目されると結構ダメなタイプなんで、しれっと。他の同期ほんともっと脚があるんで。岐阜の志田さんとか徳島の犬伏さんとか山根さんとか全然脚のレベルが違います。僕はほんとにちょこっと、お弁当でいうお漬物くらいの感じで僕はいたいんで(笑)僕じゃなくて他の選手にスポットライトを当ててほしいですね。学生時代一度も勝てるなって感じたことなかったんで全然。結構同期のレース見るんですけど、「ここタイミング上手いな」とか「たしかにこれやられたら相手はやだな」っていうレースを皆するんで勉強になります。

Q9

吉田選手はかなり謙虚なイメージがあるのですが、ここだけは「自分すごいな!」と感じるシーンがあれば教えてください。

A9

謙虚じゃなくてただ自分に自信がないっていうか、そんなレベルの選手じゃないんで自分は。ほんと控えめ控えめにやらせてもらいたいっす。でも、他の同期とかに比べて、インタビューとかで上手く口回ってるのかなって、そこだけですね(笑)たぶん脚以上に口回るんで、そこはちょっと良い切れ味なんじゃないかなって(笑)

Q10

ちなみに、お兄さんの拓矢選手が、吉田選手の体型についてお話ししているインタビューを見かけたんですが…

A10

デビューしてすぐくらいに7キロくらい痩せたんですよ!めっちゃ絞れてたんですけど、最近になってリバウンドしてきちゃって(笑)
で、兄に「お前なんかでかくなった?」って言われて、やっぱりそうだよな、やべーなと思って減量始めたんです!食事制限も夜は炭水化物抜いたりとか、ウエイトトレーニングも結構やったりしてたら逆に体重3キロ増えました。
平塚の時の実況で、「お兄ちゃんみたいにすらっとしてないね、しっかりしてるね~。でもこんくらい肉付きないとスピード出ませんから」って言われてて(笑)やっぱ俺でけぇんだ!って思って(笑)たぶんもう重り背負って走ってる感じです。

Q11

身体が重たい感覚とかレースへの影響はなかったですか?

A11

いや、体重が減ってた時より、今の方がスピードが出たり、後半の伸びが良くなってて。見た目は悪いんですけど、結果的に意外と身体が重いとか感じないんで、ベストなんですかね(笑)
同期とか親とかに「キューピーちゃん」みたいって言われるんですよ。なんかめちゃくちゃいじられますね。平塚の時に神山拓弥さんとか周りの選手にも「お前よくその体型でもがけるな」って言われてました(笑)京都の畑段さんには「レースとお前の見た目のギャップがすごい」って言われました(笑)

Q12

お忙しいと思いますが、お休みの日はどう過ごすことが多いですか?

A12

寝てます(笑)あんまりガッツリ休みっていうのはなくて、とりあえず午前中はバンクに行って、その時の気分によって身体がきつかったらウエイトやったり、他の選手の方のタイム計測したり喋ったりとか、競輪場が使えるときはとりあえず顔出しというか行ってます。
あとはYouTube見たり、漫画のハイキューが好きなんでそれを読んだりしてますね。結構読み返してます。

Q13

どんなYouTubeを見るんですか?

A13

特に決まってないんですけど、競輪ですかね。自分の映像も見ますし周りの同期のとかも見ますね。
なんかでも、僕あんまり頭を使いたくないんで、ほんとクラゲみたいな生活というか、貝みたいな生活したいんです(笑)でもレースを走るにあたって、色々と勉強しなきゃいけないんで、極力頭は使いたくないんですけど、少ない頭を最大限活用して色々考えながらやってます。

Q14

ストイックですね・・・普段のキャラクターとのギャップに惹かれる女性が多そうです!

A14

そうですね、ギャップを大事にしていかなきゃいけないなと。見た目がダメなんでギャップもくそもないかもしんないですけど、見た目はゴリラで中身はわんちゃんみたいな感じを目指そうかなって(笑)

Q15

逆に吉田選手の好きなタイプはどんな方ですか?

A15

ギャーギャー騒いただりワイワイやるよりは一人で静かな感じで、優しくて可愛い人がいいです。癒してもらえれば、僕が全部仕事やるよくらいの感じなんですけど、結構理想高いんで、僕の好みに当てはまらないとちょっとあれですね。でもこんな偉そうに言ってられないですね(笑)

Q16

最後に、PIST6ファンに向けてメッセージをお願いします。

A16

PSIT6は雰囲気がすごい楽しくて、その場にいるだけで気持ちがあがる感じなので、スポーツの競輪として楽しめると思います。なので、動画とか画面越しというよりはその場に行って、スポーツの競輪として見てほしいなって思います。僕とかは競輪というよりエンターテイナーの血が騒いじゃうんで、楽しい感じのパフォーマンスをずっと考えてます(笑)パフォーマンスも楽しみにしててください!